本来、ネットのニュース記事に設けられるコメント欄は、多様な見方を与えたり、読者同士のコミュニケーションを促進したりする有意義なものだ。だが、実際には一部の極端なユーザーによって占拠されてしまうことが多く、昨今は世界的にヘイトスピーチの増加にも悩まされている。大手メディアがコメント欄を設けることに積極的になれないのは、そうした事情があるのだ。

     そんな中、老舗の高級紙の米ニューヨーク・タイムズが、最新の人工知能(AI)技術も活用して、コメントを「モデレーション」する取り組みを開始した。書き込まれたコメントを自動的に公開するのではなく、人間が目視して問題ない書き込みであれば公開するというものだ。

     使っている技術は、グーグルが開発したAI「パースペクティブ」。投稿されたコメントの有害性をパースペクティブが判別し、問題のないコメントは自動で公開する。有害性が高いと判定されたコメントは人間が確認して、公開か非公開かを決めるという仕組みだ。

     これにより、ニューヨーク・タイムズの全記事のうち、コメント可能な記事の割合が25%まで増加した。導入以前の割合は10%だったため、大幅にコメントできる記事が増えたことになる。同紙はこの割合を年末までに、80%にすることを目指すという。

    ※下記リンクより、一部抜粋。続きはソースで
    https://dot.asahi.com/wa/2017062300039.html



    政治.社会】の最新記事
    • 韓国人大学生「日本の若者に正しい歴史を教え、謝罪を受けたい」 ←おいおい
    • 韓国人大学生「日本の若者に正しい歴史を教え、謝罪を受けたい」 ←おいおい
    • 日本は移民を受け入れるべき? ←これ以上の移民受け入れは無理、意味はわかるな?
    • 日本は移民を受け入れるべき? ←これ以上の移民受け入れは無理、意味はわかるな?
    • 最近、津田大介がヤフーニュースコメント欄の廃止を主張したわけだが →
    • 最近、津田大介がヤフーニュースコメント欄の廃止を主張したわけだが →
    この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。