AppleがApple Watch向けの最新OS「watchOS 4」を配信開始しました。新しいウォッチフェイスやフィットネス関連の新機能などが含まれているのですが、中でも特に興味深い新機能が、心拍数測定機能のアップデートです。watchOS 4からは安静時心拍数や歩行時平均心拍数など、シチュエーション別に心拍数を測定可能になっているのですが、この機能はすべてのApple Watchで使えるというわけではないことが明らかになっています。

続きを読む...

  • Appleが古いiPhoneの性能低下問題を正式に謝罪しバッテリー交換費用を60%以上値引きすると発表
  • Appleが古いiPhoneの性能低下問題を正式に謝罪しバッテリー交換費用を60%以上値引きすると発表
  • 古いiPhoneの性能を意図的に落としたAppleが集団訴訟で100兆円超の支払いを求められる
  • 「iPhoneは早ければ1年後に性能が落ち始める」のをAppleが正式に認める
  • Appleが古いiPhoneの性能を落としていることがベンチマーク統計から明らかに、その狙いは何なのか?
  • GoogleがARプロジェクト「Project Tango」を2018年3月で終了、今後はより間口が広がる「ARCore」に集中
  • iPad Pro×iOS 11でノートPC以上の性能を目指すAppleのムービーが公開中
  • iPhone Xのカメラ機能の評価は静止画が「過去最高得点」、何が優れていて欠点はどこなのか?
  • iPhone Xの顔認証「Face ID」は指紋認証「Touch ID」よりもかなり遅い
  • スマホをAmazon Alexa対応にするケース型スピーカー「Moto Smart Speaker with Amazon Alexa」
  • 次期iPad ProはiPhone Xと同じく顔認証機能Face IDを採用との情報
  • 初代Apple WatchはwatchOS 4で新登場の心拍数測定機能を非サポート
おすすめの記事