生産が終了して何十年も経過した「旧車」のスペアパーツは時と共に入手が難しくなり、最悪の場合は小さな部品がないために車自体が機能しなくなってしまうこともあります。しかし、古い部品を新しく作りなおすためには生産用の専用のツールを含めて作り直す必要があり、需要が大きいパーツならまだしも、少量のみ必要になる場合は明らかに非効率です。そこで、ポルシェは少数のみ必要になる旧車のスペアパーツを3Dプリンターで出力することを発表しました。3Dプリンター製のスペアパーツは、見た目的にも機能的にも、ほぼオリジナルと同じであるとのこと。

続きを読む...

  • 3Dプリンターで古い「旧車」の部品を出力して供給することをポルシェが発表
  • SpaceXの超大型ロケット「Falcon Heavy」に強力なエンジンではなく27基の小型エンジンを搭載した理由とは
  • 「運河のテスラ」と呼ばれる世界初の電動コンテナ船が2018年に就航
  • 輸送機からドローンを放ち収容もする「空中空母」構想をアメリカ軍が2019年にも試験する見込み
  • イーロン・マスクがロサンゼルス地下に掘ったトンネルを公開、幹線道路全体をトンネル化する壮大な計画についても示唆
  • テスラの車は将来的にはドライバーが行こうとする場所を予測できるようになるらしい
  • サイクロン掃除機のダイソンが2020年から「過激な」電気自動車を生産すると発表
  • テスラがAMDと自動車向けチップを共同開発中か
おすすめの記事