二酸化炭素排出量を削減するために自動車の電動化が注目されており、ヨーロッパをはじめとしてガソリンエンジン車から電気自動車(EV)への移行が叫ばれています。しかしEVの普及の妨げとなる問題点の一つにバッテリー性能が挙げられます。容量が少なく充電に時間がかかるという貧弱なバッテリー性能のせいでEVはまだまだ実用的でないというわけです。このEVのバッテリー問題を解決する手段として、スウェーデンは電極を道路に埋め込んだ「電気道路」を世界で初めて公道へ導入しています。

続きを読む...

  • 走行中に給電できる「電気道路」をスウェーデンが公道で開発中、道路&既存自動車への導入コストも安価
  • 自動運転カーの大敵は雨でも霧でもなく実は「洗車機」
  • 「空飛ぶバスタブ」を自作した猛者が登場、「スーパーまでお買い物に行ってきた」ムービーを公開中
  • セグウェイの技術を生かした二輪走行パーソナルロボット「Loomo」
  • 多脚ロボット「Prosthesis」は重量3.6トンのボディで時速30km走行が可能
  • モバイルバッテリーで有名なAnker初の高性能自動車用ドライブレコーダー「Roav DashCam C2」レビュー
  • どんな光でも明るく反射し、デザイン・安全・走行を高いレベルで実現するシール型反射板「FLECTR 360」
  • ロケットブースター50個の強力噴射で地雷の破壊力を押さえつける力技な防御装置が開発される
  • タイヤに装着して自動車を強引にスノーモービル化してしまう「Track N Go」
  • 世界初の巨大ロボットによるバトルトーナメント開催に向けMegaBotsがKickstarterで資金調達、未達で開発停止の背水の陣
  • 電力不要のパワードスーツ「EksoVest」でフォード労働者の事故が83%も激減する絶大な効果を発揮
  • モデル3の製造トラブルにあえぐテスラが過去最悪の四半期決算を発表
  • スターウォーズに出てきそうなホバーバイクが実戦投入へ
  • ボーイングが次世代のパーソナル飛行体の開発支援のため優勝賞金1億円超のコンテスト「GoFly」を主催
おすすめの記事
ネット文化,テクノロジ
3: 2017/05/15(月) 07:43:18.23ID:PqxCySJ00.netスマホだから関連記事document.write('...