20年延長方針



引用画像

 政府は小説や音楽の著作権の保護期間を現行より20年長い「作者の死後70年」にする著作権法の改正案を今国会に提出する方針を10日までに固めた。没年が1970年の三島由紀夫や72年の川端康成ら昭和の文豪

www.nikkei.com
全文を読む

記事によると

・政府は小説や音楽の著作権の保護期間を現行より20年長い「作者の死後70年」にする著作権法の改正案を今国会に提出する方針を10日までに固めた。

・1970年に制定された現行の著作権法は「死後50年」で、改正されればおよそ半世紀ぶりとなる。

・著作権の保護期間は1990年代に欧米の多くの国が「70年」に延ばしている。日本では「遺族を含めた著作権者の利益を守るべき」との主張がある一方、「過去の作品を広く社会が活用するために延長すべきでない」など反対論も強く、文学作品や音楽は「50年」のままだ

・環太平洋経済連携協定(TPP)交渉では米国の要求に応じ、保護期間を文学作品を含め死後70年以上に統一することで合意した

・トランプ政権となって米国が離脱した11カ国の交渉(TPP11)の合意内容では保護期間延長は一時棚上げになっている。だが経済協力開発機構(OECD)諸国の多くが死後70年としていることもあり、政府は3月8日にTPP11に署名した後、著作権法改正案を提出する予定。</span>

この記事への反応


「死後」の権利が伸びても「創作者」自身には何ら得るところはない。日本は著作権輸入国なので、著作権業界も(全体としては)得るところがない。ユーザーは無論金を出す側だ。誰得?国益に反するよね。

パブリックドメインを潰しにかかるヤツだ…

50年でも長すぎるのに…

政府が本当にバカだということを証明するニュースです

何を守りたいのか…

Let's block ads! (Why?)

ニュースの関連記事
  • 【悲報】セブンイレブンさん、とんでもない理由でおにぎりを小さくしてしまう
  • 【悲報】セブンイレブンさん、とんでもない理由でおにぎりを小さくしてしまう
  • 【悲報】朝日新聞ちゃん、ぶっ壊れる。
  • 【悲報】朝日新聞ちゃん、ぶっ壊れる。
  • 【タックル】日大の内田監督、やっと直接謝罪し辞任表明も反則指示に言及せず。一連騒動に「心外」と不快感示す
  • 【タックル】日大の内田監督、やっと直接謝罪し辞任表明も反則指示に言及せず。一連騒動に「心外」と不快感示す
  • 日大アメフト部内田監督辞任を表明「すべて私に責任」反則行為については明言を避ける
  • 日大アメフト部内田監督辞任を表明「すべて私に責任」反則行為については明言を避ける
  • 【速報】キューバ市街地でジャンボ機墜落
  • 【速報】キューバ市街地でジャンボ機墜落
  • 漫画喫茶殺人の犯人、被害者を数分も追いかけ回す「むかつくことがあり、誰でもいいから刺してやろうと思っていた」
  • 漫画喫茶殺人の犯人、被害者を数分も追いかけ回す「むかつくことがあり、誰でもいいから刺してやろうと思っていた」
  • 【最年少】藤井六段勝利し七段昇進!
  • 【最年少】藤井六段勝利し七段昇進!
  • 【最年少】藤井六段勝利し七段昇進!
  • 【悲報】朝日新聞、韓国大統領府を無期限出入り禁止となる模様
  • 【悲報】朝日新聞、韓国大統領府を無期限出入り禁止となる模様
  • 【悲報】朝日新聞、韓国大統領府を無期限出入り禁止となる模様
  • 28歳男性「うおー!社会人になってから36時間ぶっ通しで働いたの初めてやがな」
  • 28歳男性「うおー!社会人になってから36時間ぶっ通しで働いたの初めてやがな」
おすすめの記事
芸能,スポーツ,映画,音楽
「事件が起きたのは9月1日のこと。交番に駆け込んだのは、なんと元・乃木坂46の大和里菜さんでした。警察は当初“民事不介入”として捜査に消極的...