1サーバル ★2018/01/26(金) 01:00:33.74ID:CAP_USER9.net

魚拓

山中氏、科学誌創刊に深く関与か 京大、iPS研の論文不正発表 - 共同通信
https://archive.today/b3zXy
2018/01/25 14:25:00
?一般社団法人共同通信社

 京都大iPS細胞研究所の研究不正で、問題の論文を掲載した米科学誌ステム・セル・リポーツの創刊に、当時、国際幹細胞学会の理事長を務めていた山中伸弥・研究所長が深く関わったことが25日、分かった。
 この論文の審査に山中氏は関与していないとみられるが、現在も編集委員の一人となっている。科学誌の論文審査制度に対しては、不正を見抜く仕組みが不十分だとの声もある。
 山中氏はノーベル賞を受賞した2012年、学会と米出版社が提携し新たな科学誌を創刊すると発表。無料公開を原則とし、iPS細胞などの幹細胞に関する基礎研究から医療応用までの幅広い領域の論文を扱うとした。



現在

山中所長が給与全額寄付 京大iPS研、論文不正- 共同通信
https://archive.today/EIVDO
https://this.kiji.is/329123813377803361
2018/01/25 20:45:00
?一般社団法人共同通信社
 京都大iPS細胞研究所の論文不正問題を受け、山中伸弥所長が、給与を当面の間、研究所に全額寄付するとの考えを示していることが25日、分かった。今月の給与から寄付するとしている。
 論文の研究費約310万円のうち、一般の人から募った寄付金「iPS細胞研究基金」の二百数十万円が使われていたための措置という。
 山中所長は不正を発表した22日の記者会見で「多くの方から頂いた支援が使われてしまった」と謝罪。発表後に対応を検討し、寄付する考えを担当者らに伝えた。
 24日に京都市内で行われた講演では、寄付金が使われていたことや今後の寄付活動について、「どうしたら皆さまに納得していただき、自分自身が納得できるのか。最良の方法を探したい」と発言していた。
 問題の論文を掲載した米科学誌ステム・セル・リポーツは、山中氏が国際幹細胞学会の理事長を務めていた2012年に、学会と出版社が提携する形で創刊を発表。
 科学誌のホームページなどによると、山中氏は現在この科学誌の編集委員の一人だが、既に不正問題とは関係なく理事長を退任している。研究所は「科学誌の編集委員は通常、所属する研究機関の論文の審査には関与しない」としている。
 京大は22日、山水康平特定拠点助教(36)の論文で捏造と改ざんがあったと発表した。

ニュースの関連記事
  • 【閲覧注意】廃墟になったバイオハザード研究所が怖すぎると話題に「国内の廃墟の中でも最凶最悪」
  • 【ひどい】ツイッター日本本社の詫び老人、ガチで存在していた「老人から鼻血流しながら対応された」
  • 【完全にアウト】艦これツイッター凍結はハセカラ民によるDMCA虚偽申請 威力業務妨害でとんでもない賠償額になる可能性
  • 【無双】女性専用車両で女性が「コーヒーが無い」と暴れて電車が止まる
  • 【無双】女性専用車両で女性が「コーヒーが無い」と暴れて電車が止まる
  • 【便利】マクドナルド、スマホで商品を事前注文&決済できるシステムを導入!待ち時間が無くなるぞ!
  • 元朝青龍さん、コロコロコミックのマンガにガチ切れ
  • 元朝青龍さん、コロコロコミックのマンガにガチ切れ
  • 艦これ運営のツイッターアカウント、イベント中なのに第三者から著作権の虚偽通告をされ凍結…角川法務部が動く可能性?
  • 艦これ運営のツイッターアカウント、イベント中なのに第三者から著作権の虚偽通告をされ凍結…角川法務部が動く可能性?
  • 【役満】大阪大教授、パワハラ&セクハラ&アカハラ繰り返し停職処分
  • 女さん、女性専用車両で「コーヒーがない」と大暴れ 中央線が遅延する
  • 【悲報】漫画村ユーザー「俺らの漫画村を潰すな」「漫画村マジ最高www」、ツイッター上には「#漫画村を守ろう」というハッシュタグまでも出現してしまう・・・
  • 東名高速で煽り運転していたキチガイ、前を走っていたトラックを停車させ模造刀で斬りつける「なんで、どかねーんだ」
  • 東名高速で煽り運転していたキチガイ、前を走っていたトラックを停車させ模造刀で斬りつける「なんで、どかねーんだ」
  • 天宮1号さん、うっかり東京、ニューヨーク、台湾などに落下の可能性
  • 天宮1号さん、うっかり東京、ニューヨーク、台湾などに落下の可能性
  • 駅の無人化は障害者差別。 障害者団体がJR九州に無人化計画の撤回を要望
  • 駅の無人化は障害者差別。 障害者団体がJR九州に無人化計画の撤回を要望
  • 「貸したお金を取り戻す方法」ランキング!1位はやはり・・・
おすすめの記事