ロシアに本拠を構えるセキュリティ関連企業のカスペルスキーが、「包括的な透明性イニシアチブ」と呼ばれる施策を打ち出しました。アメリカ政府から製品調達対象を外されるなど、透明性に問題があるとの指摘に対応するのが目的です。

続きを読む...

  • Chromeの広告ブロッカー拡張機能を装ったマルウェアの存在が判明、すでに2000万回以上ダウンロード済
  • Windows Updateで「ブラウザで特定サイトを開くだけでシステムをハック可能」なMicrosoft Graphicsの脆弱性など修正
  • Chromeは定期的にPCの中身を「監視」している
  • macOS High SierraにAPFSドライブの暗号化パスワードが平文で保存されるバグの存在が発覚
  • FirefoxとThunderbirdの「マスターパスワード」は1分で破ることが可能と指摘される
  • 最大賞金2億円超のハッキングコンテストでmacOSのSafariの脆弱性が発見される
  • 不正行為防止機関が匿名通信の「Tor」を採用した内部通報システムを導入
  • Mac用アプリがこっそりスクリーンショットを撮って利用者のプライバシーを盗み取る危険性
  • GoogleはHTTPSで保護されていないサイトを「安全でない」とChromeブラウザにハッキリと表示する方針
  • iOSのコアとなるソースコードの一部「iBoot」がネットに流出、「史上最大のリーク」との指摘も
  • Windows 2000以降の全バージョンに存在する脆弱性を突くサイバー攻撃ツールが公開される
  • 仮想通貨マイニングPCのウォレットアドレスを書き換えて採掘コインを根こそぎ奪う恐るべきマルウェア「Satori Coin Robber」
  • Skypeがついにエンドツーエンドの暗号化に対応
  • Macユーザーからマルウェア「Fruitfly」が13年にわたって何百万枚もの画像やキー入力情報を盗み続けていた
  • Macで再びパスワード関連の脆弱性、「macOS High Sierra」はパスワードなしでシステム環境設定の一部にアクセス可能
  • 今日は毎月恒例「Windows Update」の日
  • ウェブブラウザのパスワードマネージャーにユーザー情報を盗み出される脆弱性
  • ウェブブラウザ「Opera 50」にビットコインマイニングを許可しない機能が登場
  • 今日は毎月恒例「Windows Update」の日
  • ウェブサイト訪問者のPCリソースを秘密裏に借り受けてブラウザを閉じても仮想通貨をマイニングし続ける手法が見つかる
おすすめの記事