深海は宇宙と同じく人類未到の地が多く、新種の生物や地質の調査が現在も続いています。深海で光るクラゲ「Halitrephes maasi」は生態に謎の部分が多く、遭遇すること自体も希少なクラゲです。国際的な海洋探査プログラムの探査船Exploration Vesselのチームはそんなクラゲの姿を撮影することに成功したのですが、Halitrephes maasiは周りの光を反射して光っており、電気クラゲのように自分から発光するわけではないという生態が確認されました。

続きを読む...

  • 人間の脳の形状に起こった比較的最近の変化が人類を大きく発展させた
  • シャチは人間の言葉をまねできる
  • イルカは人間の赤ちゃんよりも早い段階で鏡に映った自分を認識する「ミラーテスト」に合格する
  • 「深海の花火」と称される奇抜なクラゲのムービー撮影に成功
  • 人間以外の動物も「言語」を持っているのか?
  • 自然界最小・クモのお尻にかかる「虹」が光学技術を進歩させる
  • デンキウナギを参考に体内で発電してコンタンクトレンズ型ディスプレイや心臓ペースメーカーを動かそうという研究
  • ゾウをスモールライトで小さくすれば即座に凍え死んでしまう理由とは?
  • カラスは赤ちゃんと同じように「遊び」から「学んで」いるのか?
おすすめの記事
ビジネス,経済
現在貯蓄できているお金はいくらあるか聞いたところ、貯蓄できていないとする「0万円」が25.4%と、およそ4人に1人の割合でみられ、「1万円~...