引用画像

   全裸姿で股間部をお盆で隠し、「見えそうで見えない」芸で人気急上昇中のお笑いタレント・アキラ100%(42)さんに、視聴者から「NO」が突きつけられた。

www.j-cast.com
全文を読む

記事によると

・全裸姿で股間部をお盆で隠し、「見えそうで見えない」芸で人気急上昇中のお笑いタレント・アキラ100%(42)さんに、視聴者から「NO」が突きつけられた。

・放送倫理・番組向上機構(BPO)が公式サイトで公開している「視聴者からの意見」欄に、2か月連続で「青少年に悪影響」「公然わいせつ」などと苦情が寄せられている。

「素っ裸にお盆一枚で局部を隠す裸芸をしているが、公共の電波を使って裸芸は問題がないのか。子どもの教育にも悪影響があると考えるので今後、テレビ出演等に出演させないでほしい」(原文ママ)

こうしたアキラさんの「裸芸」批判は、これで3件目。17年3月に寄せられた意見(2101件)の中でも、同様の苦情が2件(23件中)掲載された。

「万一にも局部が露出したら、公然猥褻などの犯罪になるのではないかと思った。軽犯罪法に該当しないのかとも思った。いずれにしても、裸で芸をするというのは、いじめのツールとして利用されるなど、青少年に悪影響を与えるのではないか」(一部抜粋、以下同)

「子どもが真似したり、悪ふざけで、無理やりその芸をやらされたりするおそれがある」</span>

この話題への反応



クレーマーが大きな顔をする時代になってきたのね。結果、テレビがつまらなくなると。チャンネル変えるリモコンがないのかしら。

あの裸芸はアートの域じゃないかと思う今日この頃。オリーブオイルは使い過ぎなのかもしれないねえ

親が裸芸だけに限らず子供に指導すべき内容を放棄してテレビをやめさせようとするんだからそんな親の元に生まれた子供がかわいそうだね。
クレーム纏めたら人を殺せる社会はそろそろやめたらいいよ。

クレーマーが日本のテレビをつまらなくする

原田龍二には何の落ち度もなかった、という認識でよろしかったでしょうか

子供に悪影響なのは親の教えの問題

一部抜粋の意見が堅苦しいし重い、どんだけ頭でっかちなのか知らんが不快ならば目にしなければいいだけの話。「クレーム」ではない、単に「難癖つけてる」だけ。アキラさんには引き続き裸芸全開で頑張って。

Let's block ads! (Why?)

エンタメの関連記事
  • 映画『マトリックス』の緑の文字の内容が判明!「実は寿司のレシピ」
  • 【悲報】東京五輪が開催すると同時に東京都民1300万人が窒息死確定!小池都知事「CO2排出を4日間ゼロにします」
  • 店長「台風が来ると昔の忘れられないクレームを思い出す」⇒その内容があまりにも理不尽すぎるwwwww
  • 「なぜ靴下は片方だけなくなるのか?」その理由が遂に判明!!!!!!!
  • ディズニーシーの乗り物に車椅子のまま乗る動画が話題に!こんな風に変形するのか・・・
  • 霊長類最強のおっぱいを持つ柳瀬早紀さん、デカすぎてとんでもないコラが作られるwwwwwww
  • 元AKB48・高橋みなみさん、卒業直後にオラオラ系のおっさんと交際して結婚間近であることがバレるwwwwww
  • 【えだのん】立憲民主・枝野代表が女子にバカウケ!!「カバやムーミンに似てカワイイ」「一緒にいてもいやらしさを感じない」
  • 強風で観覧者が想像を絶する絶叫マシーンに変身してるwwwwwww
  • 駅のホームに予想外すぎるモノがやってきて全員「えっ?」「え?」「はぁ???」ってなってる動画wwwwwwww
  • 【動画】金タマの手術後に自分の金タマが無くなったことに気づいた猫の表情wwwwwwwww
  • 昨日の選挙特番も政治家プロフィールが面白かったと話題に!「安倍首相の奥さんはペット用のサプリを飲んでいた」
  • 駅の券売機は「どこに行きたいの?」じゃなくて「お前いくら出せんの?」で選ばせるの頭おかしくない?⇒大議論に
  • あの「おでんつんつん男」、不起訴後も相変わらず迷惑行為を行っていることが判明
  • 【怖すぎ】中国のネット上で「習肉まん」と書き込んだ結果・・・
  • 【希望の党】小池百合子さんがパリで謝罪会見「私の言動で不快な思いを抱かせて申し訳ない」 若狭氏も落選へ
  • 【心配】頚椎手術をしたYOSHIKIさん、ヨーロッパ訪問中に倒れる
  • 【ファン歓喜】HYDEさん、『HUNTER×HUNTER』クロロコスプレを披露!そのまんますぎるwwww
  • 『パシフィック・リム』が『ゴジラ』『キングコング』とクロスオーバーする可能性あり!?監督が語る
  • 【恐怖】「ア○ルプラグ」をハッキングされてコントロールされてしまうwwwwww
おすすめの記事
哲学,思想,人生
東京大学法学部。スーパーエリート養成機関として君臨してきたが、東大文科1類から法学部に進学する際、2016年度に定員割れするなど異変が起きて...